ABOUTスタジオ’Sについて

/ ABOUT

- スタジオ’Sについて -

[概 要]

「スタジオ’S」は、5つの項目を重視し、地域の皆様との交流、作品展示等のイベントを通じて、地域の文化創造の場として運営しております。

  1. 人材の育成等
  2. 文化の振興
  3. 文化的資産の活用等
  4. 文化活動の充実
  5. 文化活動の支援体制の充実等

 

 

■スタジオ’S(スタジオエス)

面 積258.40㎡
所在地茨城県つくば市二の宮1-23-6(関彰商事(株)つくば本社内)

- 筑波大学と関彰商事の芸術分野での連携「スタジオ’S with T」について -

弊社は、筑波大学と芸術分野における連携を行っております。with Tの「T」とは筑波大学を示し、芸術専門学群と大学院芸術専攻に在籍する学生と共に、新たなコンセプト
「CONNECT(コネクト)- 関(かかわる)・ 繋(つながる)・ 波(はきゅうする)-」を基に筑波大学芸術組織
との協働プロジェクト活動を「スタジオ’S with T」と位置づけ、企画・運営を行なっております。

[主な連携例]

  • 学生の作品制作スペースとしてスタジオを提供。地域の多世代の方が学生の活動風景を自由に見学できるオープンアトリエスタイルをとり、制作等活動期間中にワークショップ、活動終了時に展覧会を設ける。
  • 学生の個展やグループ展のためのスタジオ提供。展覧会期間中にワークショップやアーティスト・トークを設ける。
  • 大学主催の展覧会の巡回展のためのスタジオ提供。
  • スタジオを会場とする、関彰商事主催子ども向けイベント「キッズアート体験」実施プログラムへの学生協力

地域・大学・企業が連携し筑波大学生の芸術活動を支援し、地域貢献を目指します。これからも弊社は、筑波大学とともに、才能溢れる学生が社会(地域)に触れながら学ぶ制作活動を支援して参ります。

- ロゴマークについて -

取り組みのコンセプトである『CONNECT』をベースに筑波大学芸術専門学群の構成専攻の学生が考案いたしました。文字部分においては、これまで使用していたスタジオ’Sのロゴを継承し、筑波大学との連携企画であることを表すwithTを追加。文字を支える筑波大学の「T」と関彰商事の「S」は1本の線で繋がり、互いの関係を表しています。

よくあるご質問

Q. スタジオ’Sに駐車場はありますか。

A. 無料の駐車場をご用意しております。

 

Q. 筑波大学生以外でもスタジオ’Sを利用することはできますか。

A. 基本的には筑波大学生との連携を中心にしており、筑波大学の芸術専門学群および大学院博士前期・後期課程芸術専攻の学生の活動の場として提供をしております。

 

Q. 筑波大学生がスタジオ’Sを利用したい時はどのような手続きをとればいいですか。

A. 芸術系社会貢献推進室 大原央聡
電 話:029-853-2844
メール:hoha*@*geijutsu.tsukuba.ac.jp
(**のマークを削除して使用して下さい)
応募対象は芸術専門学群・博士前期課程芸術専攻・博士後期課程芸術専攻在籍者です。事前審査が行われます。